【絶対にダメ!】仮想通貨で損切りなんてのはありえない!理由は2つ【結論:平均価格を下げよう】

仮想通貨

こんにちは、あざらしです

いきなりですが!

あざらし
あざらし

ダメ!絶対!

損切りなんて!

仮想通貨において、損切りは絶対にダメなんです!

早速ですがその理由を2つ紹介!

  • (仮想通貨は)損失を翌年に持ち越せないから
  • 価格が下がったら買い増しすれば良いから

ここからは、テンション落ち着かせて理由を解説します。

仮想通貨において損失を翌年に繰り越せない

つまるところ、仮想通貨で””を絶対に出してはいけないってこと

今年の利益が赤字であろうと、来年は0円からスタートしなくは行かないのです

通常の商売は今年の利益が赤字であった場合、赤字を翌年持ち越して
来年の利益から引くことができるんですが・・

仮想通貨においてはそれができません!

「じゃあ、高値で買った仮想通貨がどんどん値段が下がるけどどうしたらいいの?」

ってなりますけど

安心してください!次のことを意識しましょう!

価格が下がったら買い増しする

仮想通貨の売り買いにおいてもっとも大事なのは、、、平均価格

この、平均価格というのは自分が買って持っている仮想通貨の1枚あたりの平均価格のこと

<イメージ図>

仮に、100円のときに100枚コインを買ったらどんどん価値が下がってきてしまったとします

もし、これで損切りしてしまったら”損”しか残りません!

そこで、損切りは絶対にせず
もっとも低い50円で100枚買えたとします。

そこから価格はどんどん上がって80円になった段階で”売り”にだしたら16000円となりましたと。
すると、16000円から支出の15000円を引くと利益は1000円になります。

ここで、大事なのは
100円で買った分を80円で売ったら損じゃん!」ではなく

平均価格が75円だから80円で売って”利益”じゃん!!」です

イラストを見てもらえれば、平均価格イメージがつかめるとおもいますが
詳しい平均価格の出し方は、以下の記事をご参照ください!


つまるところ!”売ったときの価格”と”所持しているコインの平均価格”の差額が利益を生むために損切りはしてはいけません!


様々な人が勘違いをされて、仮想通貨で損切りポイントを設けたほうがいいと思っています。
損切りなど行なったほうがいいのは、FXなどです。

FXは3年間だけ持ち越せるので損失をだしても翌年で利益が生めれば問題ありません。

正直なところ、(同じ理由で)FXでも損切りしないですけどね。


仮想通貨取引”業”をしていることを忘れないで!

仮想通貨取引をしている人たちの大半が
余剰金で”ものはためにしに仮想通貨を買ってみるか”でなんとなく、仮想通貨を買っていると思いますが。


仮想通貨で利益を得ることは”仕事”です。


つまりは”取引業”をしてるのとなんら変わりません。


仕事では損失”を出さないことが重要ですので
どうしたら損失を出さないよう出来るかを考えるべきで、価格が下がったから損切りして逃げるってのはありえません

少しでも、平均価格を下げて利益が出るタイミングで売って”利益”を確定することに注力を注ぎましょう!!

スポンサー広告
仮想通貨
あざらしをフォローする
azablog

コメント

タイトルとURLをコピーしました