ITエンジニは気軽にフリーランスになれ!絶対に失敗しないから【月収は50万〜100万が基本】

フリーランス

社会人になったら楽しくお金を使いまくってあそんで、貯金もバリバリためれるって思っていませんでした?

正直なところ、正社員だからといって楽な生活ができているか?と聞かれると
そんなに楽な生活はできていないはず。
ましてや、貯金なんて0円なんてざらにいると思うんですよ。

実際、私も当時はカツカツのカツカツのカツ でしたからね。

例えば、大学を卒業して新卒で入社した場合の月収は18万〜20万あたりがベースで
そこから5年同じ会社で働いたとしても行って、月収21万〜24万ところですよね。

こんな月収じゃ、貯金もままならないし
親や恋人にも何かプレゼントもしてあげられなくないですか?


少しでも、楽に生きていきたいと思う人に向けてフリーランスエンジニアという働き方を強くおすすめします。


じゃあ、なぜフリーランスエンジニアになることをすすめるのかというと
理由は3つ


1つ 自由なお金が増える(超重要)

2つ 自身のスキルアップにつながる(重要)

3つ 縛り付けられてた会社の概念に毒されない


言い方を帰ると、本当に自分のために生きることができるようになるということ!

誰でもなれるの?フリーランスエンジニア

あざらし
あざらし

極論:誰でもなれるよ

もちろん、未経験でとかは無理ですし。
巷で噂の”エンジニア養成”とかから出てきた人も”基本”は無理です。

最低でも、IT系の会社で3年間程の実務経験が必要になってきます。

もちろんこれは基準に過ぎないので
めちゃめちゃできる人は1年の実務経験があればフリーランスエンジニアだってなれます

私の場合は、2.5年間の実務経験を積んだ上で
会社をやめ、フリーランスエンジニアになりました。

フリーランスエンジニアになるのに必要なスキルは?

あざらし
あざらし

1.コミュケーション能力

2.運用プロジェクト経験

最低限コレだけあればなれるよ!

そうなんです
正直なところ、人とおしゃべりして仕事の話ができれば誰でも”フリーランスエンジニア”になれるんです。

ですがそれでも最低限のスキルとしては過去に何かしらの運用に携わっている必要はあります。

フリーランスの案件て、難しそうに考える人が結構いるんです。

「構築経験が必要だと思っていた」とか
「プログラムがガリガリかける必要があると思っていた」とか

もっと、もーーと 簡単に考えてOKです。

最低限のスキルだけあればフリーランスエンジニアを目指せます!

フリーランスエンジニアの最低月収は?

あざらし
あざらし

最低限50万です!(絶対)

とっても気になる、フリーランスエンジニアになった場合の、月収ですが
最低でも50万です。

「まじかっ!?」って思われるかもしれませんが
コレは、少ない方の数字です。

もちろんこのまま、50万貰えるわけではないことも、きちんとお伝えしておきます。

50万ー(所得税+社会保険+エージェント手数料10%)=手取り

ざっくり計算で、38万が実際の手取りとなりますが「なーんだ、50万全額もらえないのか」と思っているとおもいますが

今働いている会社の手取りより俄然おおいはずですよ!


繰り返しますがコレは”最低限”の数字だということ

ここからステップアップしていけば余裕で手取り50万とかは貰えるようになります。

フリーランスエンジニアの最高月収は?

あざらし
あざらし

100万〜120万(平均)

私の周りで聞く限り、100万〜120万もらっている人がいました。

正直羨ましいなって思っています(笑)

ですが、周りに聞き込み調査をしてみると
意外やいがい、”80万〜90万”とかがざらにいて私個人も驚きました!

月収100万以上稼ぐのに必要なスキルは?

あざらし
あざらし

・プログラミングスキル

・上流の仕事を回せるスキル

このどれかが必要

100万を稼ぐ人には必ず共通点があります。
それは「この人にしかできない」があります。

必要なスキルが「プログミング」だとするなら

  • お客様とどういったプログラムを作りたいのか話せる
  • お客様が言葉にできないことを表せる
  • お客様の要望がプログラミングで”できる”のか”できない”のか即判断できる
  • プログラム完成までのスケジュールが立てれる
  • ・・等など

他にもあげたらキリがないんですが
コレらができて、初めて100万のスタートラインに立てるようになります。

次に、必要なスキルが「上流の仕事を回せる」だとすると

  • お客様とプロジェクト間とのさまざまな調整毎ができる
  • プロジェクト全体のスケジュール調整ができる
  • プロジェクトの進捗状況の把握できる
  • プロジェクトメンバー全体の動きや状況を把握できる
  • ・・等など

コレらもあげるとキリがないですね。


ざっくりあげてみましたが、これ意外にもさまざまな仕事をこなせるようになると
月収100万貰えるエンジニアになることができるんです。

もし自分がフリーランスエンジニアなったら場合の月収が知りたい

フリーランスエンジニアになりたい人の為に、協力会社とともにあなたのスキル単価を無料でお見積もりしています。


見積もりは、サイドバーの「問い合わせ」フォームからお気軽にお問い合わせください。

題名に【見積もり】と入れていただけると助かります!

皆さんの素敵で自由な生活が遅れることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました