【2022年】加湿器の買ってはいけない種類!【ペットボトルタイプはNG】

生活

こんにちは、あざらしです。

冬になってから、肌の乾燥もそうですが
喉の乾燥もかなり気になり始めました。

コロナだけではなく、インフルエンザにも気をつけなくてはいけない
そんな時期にとうとう加湿器を買いましたが。。

やってしまいました!

全然効果のない加湿器を買ってしまいました(泣)

あざらし
あざらし

また、無駄な買い物をしてしまったので
絶対に買っては行けないと注意勧告のための記事です!

ペットボトルに取り付けるタイプは部屋全体に”効果は無い”

ペットボトルに取り付けて加湿できるタイプです

これが殆ど加湿効果がありません。

イメージとしてはこんな感じ

加湿 < 乾燥

乾燥する方があっとうてきに早い!!

自宅の湿度計が30%の状態から

ペットボトル取り付け式の加湿器を24時間ほど稼働させ様子見をしましたが

31%〜32%まで程度にしか、加湿されていませんでした!

<加湿イメージ>

自分の近くに置いておく分には”少し”潤っている感じはするけど
部屋全体で言うと、全くもって効果が無いってことに初めて気づいた

中型加湿器が一番いい!

加湿器には”1時間あたりにどの程度の加湿能力があるかを示す値”がある

それがml/hと言う単位

私が買ったペットボトル取り付け式の場合は30ml/h
6畳の部屋全体を十分に加湿するには300ml/h必要とのこと!
全然足りていないってことがわかった!(泣)

部屋全体を加湿するには、それなりに効果のある加湿器が必要と言うことらしいので
今更だが少し調べてみた!

加湿器は4種類ある

どうやら、中型程度の加湿器であれば平均して300ml/h程度の加湿能力があるらしいってこと

それに加えて加湿器には4種類ある

気化式フィルターに水を染み込ませて扇風することで自然に近い加湿をする
スチーム式水そのものを温めて蒸発させて加湿する
超音波式水を振動させて小さな水の粒子を空気中に散布することで加湿する
ハイブリット式気化式とスチーム式のいいとこ取りのすごいやつ!

4種類もあるとどれがいいのかわかりにくいです!

そこで、○○○別に分けてどの加湿器がいいのかを比較してみました!!!

加湿速度なら ”超音波式” 部屋全体をすばやく加湿する

俄然!早いのは 超音波式 ということ!

あざらし
あざらし

早いのは重要!

水そのものを部屋全体に撒いているの同じですからね!

素早く部屋全体を潤いさせたいときには最強の選択になのは間違い無いですね!

ただ一つ<デメリット>をあげるとすると、精密機器や電子機器などにはあまり良くは無いってことですね。

なにぶん、電子機器は水分を嫌う性質がありますから

仕事場などでの使用はあまりお勧めできないですね!

逆に遅いのは 気化式

自然に近い感じで加湿をするので、どうしても部屋全体に加湿するには時間がかかってしまいます。

もちろんのこと、この気化式にも<メリット>があります!

”加湿しすぎない”ということ

加湿するということは空気中の水分量を増やすことですので、

どうして”カビ”の温床を作りやすいということ

自然に近い加湿なら、足りない時は加湿するので部屋自体にカビが生えにくい環境も保てます

安全生でも”超音波式”や”気化式”が一番

あざらし
あざらし

どんなに使いやすくても安全性は気になります

スチーム式やハイブリッド式の場合、ヒーターで温めるので
どうしても出てくるスチームが暑くなり気味になります。

特に子供がいる家庭の場合はスチームそのものを触ってしまって火傷してしまったり

倒してしまい、火災の原因にもなりえるというのが一番のネック

なので”超音波式”や”気化式”の場合はヒーターを使わないので最も安全に使用することができるというわけです。

メンテナンス性では”スチーム式”が一番

あざらし
あざらし

ズボラな私には、こっちかな?

安全性では少し劣る”スチーム式”ですが、加湿器そのもにカビが生えにくいのは
”スチーム式”だということ

ヒーターで加熱する分”菌”や”カビ”の温床になりにくくなっています。

あまり、メンテナンスをしない人には”スチーム式”が一番いいですね

まとめ

三者三様といった、加湿器

意外と調べると面白ことがわかりましたね!

それぞれを使い分けるのであれば

朝の空気が乾燥しきっている場合には”超音波式”で一気に加湿して

24時間安定的に加湿するなら”気化式”を利用すると。

”スチーム”や”ハイブリッド”は暖かさも欲しい寝室で使用するというように

場所によって使い分けてもいいですね!

最後にペットボトル取り付け式を除いては!

スポンサー広告
生活
あざらしをフォローする
azablog

コメント

タイトルとURLをコピーしました