【実際に自分で試した】未経験者がフリーランスエンジニアになるまでの方法 3選【結論:急がば回れ、現実をみて】

フリーランス
あざらし
あざらし

29歳でフリーターからITエンジニアに転職を成功させ

31歳でフリーランスエンジニアになった

あざらしです

こんにちは

この記事にたどり着い他ということは
フリーランスになって、”自由な時間”と”お金”を手に入れたいなぁって思っている人だと思います。

ここでは、私が実際にどのようにして”フリーランスエンジニア”になったかを実体験をもとにお伝えします!

その前に、私自身の簡単な経歴をお伝えしておく必要がありますね

29歳まで私はゲームセンターでバイトとして働いていて、30歳手前でいい加減ちゃんとした仕事につかないとやばいと思って
そこから、IT系の会社に転職することになりました。

ですがいきなり29歳の経歴がない男がすんなりと転職できるわけもなく。。
めちゃめちゃ努力した結果が今にあります(笑)

↓細かな経歴は以下の自己紹介記事をご覧になっていただければと思います。

では、実際に私が体験したきた悪あがきの中で、効果の有無を含めてお話ししたいと思います。

東京都の若年者雇用制度を利用する(現実的)

あざらし
あざらし

私が足掻いてあがいて最後にたどり着いたのは[都の制度]

若年者を応援する制度を利用してやっと転職ができた

私の経験からして答えはこれ一つなんです。

東京都で行っている制度に、29歳までの若い人たちの雇用制度で「若年者雇用制度」というものがあります。

若年者雇用・就業 | TOKYOはたらくネット

さまざまな制度がある中で「若者正社員チャレンジ事業」が社会経験のない人たちにうってつけの事業です。

私もこれに近い事業で社会経験のない状態からIT会社転職することができました。
その時の制度名が確か「若年者雇用なんちゃらかんちゃら」ってやつw

名前が違いますが、やっている内容は同じでしたので安心しくてください!

若者正社員チャレンジ事業 | 職場体験実習 | TOKYOはたらくネット

ちなみに、参加できる対象者には年齢制限や直近の職歴が関係しているので
つい最近まで”フリーター”だったか”ニート”だったかである必要あるって感じです

対象者

  29歳以下の求職者で、直近2年以内の正社員の職歴が合計1年を超えない方

どういうサポートをしてくれるの?

主なサポートとして、上記のイラストで[民間事業者]枠の
「事前セミナー」「実習前セミナー」という箇所で社会人の”基礎”について複数人とともに合同実習をおこないます。

そこで、最低限の知識をつけた状態で決めた企業へとインターンといった形で職業体験をおこないます。

さらに、職業体験先で選ばれるとそのままその会社で就職といった流れになります。

結論

結論として、安定して就職することができる制度がこれということ!

さらにいうなら会社に属することができて数年働いたら、そこからフリーランスになるっていうのが一番いい!

そもそもの話し、未経験の人がいきなりフリーランスになることは激ムズですので
まずは職歴を作るところから始めましょうって話。

急いで、失敗するよりしっかりと確実に一歩一歩歩むのが本当に堅実だということ
いきなり、段階を飛ばして階級を飛ばせる技なんてありません!!

プログラムスクール・エンジニアアカデミーで勉強する(ギリ現実的)

あざらし
あざらし

エンジニアとして働いてからスクールに通ってみたけど

正直、卒業したからといってほとんどの人はフリーランスエンジにはなれない

一部の本気の人しか無理

次にここからは自分の失敗談を下にお話していきますね

よくあるプログラミングスクールなどで勉強してからフリーランスになるという方法場合
基本的に無理です!

例えばこう言ったスクール
※スクールがダメだとは言っていませんので誤解のないようにしてください。

■リナックスアカデミーさん

CCNA・ネットワーク講座ならリナックスアカデミー
リナックスアカデミーは国内唯一のインフラ...

■テックキャンプさん

テックキャンプ エンジニア転職 | No.1エンジニア養成プログラム
日本最大級のエンジニア養成スクールテックキャンプエンジニア転職で年始スタートダッシュキャンペーンを実施中。最高品質の教育と徹底したサポートにより、エンジニアとしての確かなキャリアをお約束します。転職できなければ全額返金。無料カウンセリングはオンラインでも受けることができます。

スクール自体の内容はとてもきっちりとしていて、未経験の人でも即戦力になるくらいの実力がつけれるカリキュラムになっています。

じゃあ、なぜ例にスクールを出しているかというと、理由は一つです

フリーランスになるためには」スクールを卒業した程ではなれないってことです。

就職をする上でスクールに通うのであれば、超有効的ですし
むしろ積極的に通ってくださいと言いたいです。

ですが、フリーランスになるということであれば話は別になります。

スクールで教えてくれるのは所詮”基礎”だけです
それで、フリーランスとして仕事ができるわけないですよね?

つまりそういうことです。

独学で勉強をして「ランサーズ」などで仕事を貰う(非現実的)

あざらし
あざらし

お金をかけず独学で勉強して、仕事斡旋サービスで仕事がもらえる訳がない

絶対できないわけではないが、すごい遠回りなやり方ということを忘れないで

そんな私も一時期は独学で、プログラムの勉強をしようとしていました。

だけど、そもそも基礎の知識がない人間からしたら
プログラムを作るための基盤を作ることができなくて、始める前に挫折したことがあります(笑)

ほとんどの人が、おそらく初期の基盤の構築の段階で諦めてしまっているはずです。

こんなところで、時間を無駄に浪費してしまうのであれば、
バイトして、スクールに通うためのお金を貯めてから勉強するべきです。

仮に勉強ができたとして、プログラムを書くことができたとしても
今の時代、ちょっと書ける程度では依頼はもらえません。

その昔、WEBの言語といえばHTMLしかないって時はすごく重宝されていたでしょうが、
今は、あの言語、この言語とさまざまなものが作れないとお話しになりません。

一つの言語だけかけても依頼などは来ないことを知っておいてください。

だったら遠回りしてでも良いので、まずは会社に属してみて
少しづつで良いから勉強をしていく方が現実的になります。

まとめ

結論に書いている通りですが

もう少し細かくいうのであれば
「遠回りせずに一日いちにちしっかりと働いて、ある程度スキルが次いたらフリーランスになればいい」ってこと

焦らないでください、私なんか29歳から社会に出たんですから
今からでも全然間に合いますので落ち着いてひとつづつクリアしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました