【PS Vita】HENkakuを導入する手順(PC不要)

HENloとは: PS系ハックで有名なTheFloW氏が2022年12月に公開したWebkit exploitとカーネルexploitを組み合わせたもので、SKGleba氏とRealYoti氏がブラウザだけでHENkakuをインストールできるウェブサイトを公開しました。手順はここで詳しく説明します。

導入2サイトの違いについて:

  • SKGleba氏のHENlo:
    • FW3.65-3.74の本体に対応
    • HENkakuインストール、VitaShellインストール、ensoの導入、FW3.65へのダウングレード(modoru不要、FWダウンロード不要)、SD2Vita導入、config.txtの初期化
  • RealYoti氏のHNElo:
    • FW3.63-3.65および3.68-3.74の本体に対応
    • VitaShellインストール、HENkakuインストール、config.txtの初期化
    • SKGleba氏のサイトが多機能なため、ここではSKGleba氏の手順を紹介します。

事前準備:

  • 初期型PSVita(PCH-1000シリーズ)を使用
  • メモリーカードを挿入
  • インターネットに接続
  • PSNへの接続・ログインは不要

HENkakuインストール手順:

1. 事前準備:

  • 使用するPSVitaが初期型(PCH-1000シリーズ)であれば、メモリーカードを挿入する。
  • インターネットに接続する。
  • PSNへの接続・ログインは不要。

2. HENkakuインストール手順:

  • ブラウザを起動し、「deploy.psp2.dev」と入力する。
  • 「HENlo – a Playstation Vita Jailbreak」というサイトが表示されたら、「Unlock my Vita」→「Unlock」の順にタップして進む。
  • HENkakuのインストール画面が表示されたら、「Install henkaku」を選び、✖ボタンを押す。
  • これでHENkakuがインストールされるが、CFW状態は再起動で解除される。再度ブラウザからHENkakuのインストールを行う。
  • CFW状態を保ちたい場合は、後半で説明するensoの導入を行う。

3. VitaDeployのインストール:

  • VitaDeployを起動する。
  • もしVitaShellが起動してしまった場合は、「リスクのあるユーザープログラムを有効化」する手順を忘れているため、有効化してから戻る。
  • 「App downloader」→VitaShellにチェックをつけ、「Download the selected apps」をタップしてダウンロード、インストールする。

4. 3.65へのダウングレード:

  • VitaDeployで、「Install a different OS」→「Quick 3.65 Install」の順に進み、3.65のFWダウンロードを開始する。
  • ダウンロードが完了するとmodoruの画面が表示され、ダウングレードを開始する。
  • ×ボタン→(20秒待機)→再度、×ボタンでダウングレードを開始する。
  • データチェック後、システムアップデートが自動的に開始される。
  • アップデートが終了すれば、3.65にダウングレードが完了する。

5. 設定の変更:

  • 設定を開き、「HENkakuの設定」→「リスクのあるユーザープログラムを有効化」にチェックを付ける。
  • 「偽装バージョンの確認」を開いて、3.74以上に偽装バージョンを変更する。
  • 「システムソフトウェアのアップデートファイルをダウンロードする」のチェックを外す。

6. VitaDeployから各種導入:

  • VitaDeployを起動する。
  • もしVitaShellが起動してしまったら、「リスクのあるユーザープログラムを有効化」する手順を忘れているので戻って有効化する。
  • 「App downloader」→VitaShellにチェックをつけ、「Download the selected apps」をタップするとダウンロード、インストールされる。

7. 3.65へのダウングレード(再掲):

  • VitaDeployで、「Install a different OS」→「Quick 3.65 Install」の順に進むと、3.65のFWダウンロードが始まる。
  • FWのダウンロードが完了するとmodoruの画面が表示され、ダウングレードを開始する。
  • ×ボタン→(20秒待機)→再度、×ボタンでダウングレードを開始する。
  • データチェック後、システムアップデートが自動的に開始され、アップデートが終了すれば3.65へのダウングレードが完了する。

Ensoインストール手順:

1. Ensoのダウンロード

まず、EnsoのGitHubページから最新の「enso.vpk」をダウンロードします。

2. 「enso.vpk」をVitaに転送

PCとVitaをUSBケーブルで接続し、VitaShellを起動します。次にSELECTボタンを押してUSBモードにします。ダウンロードした「enso.vpk」をVitaに転送します。

3. 「enso.vpk」をインストール

VitaShellで「ux0:」を開き、先ほど転送した「enso.vpk」を見つけてインストールします。インストールが完了したら、ホーム画面にensoが表示されます。

4. ensoの導入

導入を進めるために、ensoを開きます。ここで〇ボタンを押します。

続いて、✖ボタンを押します。

5. 導入完了後の再起動

導入が完了すると、何かキーを押すと自動的にVitaが再起動します。

6. 再起動後の確認

再起動後、すぐにVitaShellが立ち上がりますか? もしエラーがなく、VitaShellが正常に起動すれば、Ensoの導入が完了です。これで再起動や電源を切った後も、h-encore²からHENkakuの再インストールが不要となります。

VITAにお勧めの商品

この記事が「いいね!」と思ったら。

この記事が「いいね!」と思ったら。

以下の商品リンクから飛んでいただき、何でもよいので商品をご購入ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました