【イラスト付き解説】レトロフリーク暗号化ROMを複合化(暗号化解除)して吸出す方法【(完全解析)retrofd機能解説付き】

ゲーム
あざらし
あざらし

レトロフリークで暗号化の解除方法が分かりにくい記事ばかりなので

イラスト付きで、初心者でも分かりやすく解説します!

あざらしです

こんにちは

retrofdでは「手順がまばらで分かりにくい記事が多い」「未暗号ROMがどのタイミングで作成されるかが分からない」といった記事が見受けられます。

そこで、私が動作確認をし検証した結果をお伝えします!

また、その中で気づいた問題点も最後にお伝えします。


前提条件&必要要件

前提条件

Windows環境があること

microSDカードが読み込めるPCであること

必要要件

retoro freak(レトロフリーク) がver.2.7であること


microSDカード(タイプSDHC)16Gbytまたは32Gbytがあること


事前準備

あざらし
あざらし

実際の作業に入る前に、必要なツールのダウンロードだけ実施しましょう!

retrofd ダウンロード

あざらし
あざらし

以下のサイトからダウンロードして解凍しておきましょう

Releases · hissorii/retrofd
レトロフrなんとかAndorid化計画. Contribute to hissorii/retrofd development by creating an account on GitHub.


 1.microSDが16Gbytの場合は[retrofd_v1.0_8GB.zip]を選択する
 2.microSDが32Gbytの場合は[retrofd_v1.0_16GB.zip]を選択する

※暗号化ROMと未暗号化ROMの2本がmicroSDカードに保存されるのでmicroSDカードの半分のものを選択する

Win32 Disk Imager ダウンロード

あざらし
あざらし

以下のサイトからダウンロードして解凍しておきましょう

Win32 Disk Imager 日本語情報トップページ - OSDN
このプログラムは、RAWディスクイメージをリムーバブルデバイスに書き込むか、もしくはリムーバブルデバイスをRAWイメージディスクにバックアップすることに設計されています。これはAndroidやUbuntu on ArmといったArm用の組込み開発にとって非常に有用です。誰もがプロジェクトを分機し、改変することもできます...

1.ダウンロードファイル一覧をクリックする

2.[Win32DiskImager-1.0.0-binary.zip]をクリックしてダウンロードする

terapadダウンロード&インストール

あざらし
あざらし

以下のサイトからダウンロードしてインストールまで完了しておきましょう

窓の杜
「TeraPad」無料のテキストエディター

Windows標準の”メモ”やさくらエディタではNG
Windowsの改行コードに変わってしまうのが問題らしい。

この後のコンフィグ修正の際にしようする

1.[窓の杜からダウンロード↓]をクリックする

2.画面が遷移して、自動的にダウンロードされるのを待つ

3.ダウンロードフォルダにあるZIPファイルを解凍し、[tpad109.exe]を起動し、以下の流れでインストールを完了する

Rom Checkerダウンロード

あざらし
あざらし

以下のサイトからダウンロードして解凍しておきましょう

オールドゲーム ROM研究

1.ダウンロードをクリックする


retrofdをインストール

 

あざらし
あざらし

ここからがretrofdをSDカードに書き込む手順です。

microSDにretrofdをインストール

1.Win32DiskImager.exeを起動する

2.フォルダを選択し、ダウンロードしたretrofdから「rfd.img」を選択する

3.SDカードが刺さっているドライブを確認する

4.ドライブに間違いがなければ[Write]をクリックする(ワーニングが出るが[Yes]をクリックする)

5.インストールが完了するとSuccessfulが表示するので[OK]をクリックする

6.SDカードの容量が半分になっていることを確認する

設定ファイル書き換え

1.TeraPadで[rerotd.cfg]ファイルを開き、下記のように書き換える
※retrofdの機能を有効にする

RF_LOGCD=no

RF_LOGCD=yes

2.TeraPadで[rfd_logcd.sh]ファイルを開き、元々の記入されているやつを全て削除し、下記コードをコピーし新たに貼り付ける

#!/sbin/busybox sh

while ! busybox grep "/mnt/external_sd" /proc/mounts > /dev/null
do
busybox sleep 1
done
#busybox sleep 1

# copy log files(/mnt/ram/log/*) to SD(/retrofd/log) if new ones exist
srcd=/mnt/ram
dstd=/mnt/external_sd/retrofd/log
while : ;
do
busybox find $srcd -maxdepth 1 -type f | busybox sed -e 's/.*\///' | while read logfile
do
[ -f "$dstd/$logfile" ] || busybox sleep 5 && busybox cp "$srcd/$logfile" $dstd/
done
busybox sleep 1
done

以上で全ての準備が完了!!


ROMの吸出し方法

あざらし
あざらし

ここからが、ROMの吸い出し手順です

retrofdでのROM吸出しタイミング【解説】

retrofdでは”ゲームソフト”からとすでに”暗号化されたROM”からでも未暗号化ROMを作成することができます

また未暗号ROMが、どのタイミングで作成されるかが不明でしたが、
調査したところ2つのパターンで作成されることがわかった

パターン①.ゲームソフトからSDカードにインストールされた時
パターン②.既にある暗号化されたROMから暗号ROMがロードされた時(ゲームを起動した時ではない!)
※既にある暗号化されたROMからも未暗号ROMは作成できます

ROMの吸出し 開始

パターン① ゲームソフトから未暗号ROMを作成する

※電源入れる前にSDカードを入れておくこと

1.電源を起動すると、retrofdが待機状態になる

2.ゲームソフトをレトロフリークに差し込むと、SDカードにインストールするか聞かれるのでインストールするを選ぶ。
  そのタイミングで未暗号ROMがコピーされる

パターン② 暗号化ROMから未暗号ROMを作成する

※電源入れる前にSDカードを入れておくこと

1.電源を起動すると、retrofdが待機状態になる

2.すでに持っている暗号ROMを選択するとROMがロードされる。
  そのタイミングで複合化される

3.複合化されると未暗号ROMがコピーされる


吸い出したROMのチェックサムを確認する

吸い出した未暗号化のROMを[ROM Checker]にドラッグ&ドロップする

チェックサムが一致したならうまく吸出しOK


注意点!(最後に必ずみてください)

あざらし
あざらし

retrofdでは「未暗号ROMがどのタイミングで作成されるかが分からない」といった記事が見受けられます。

そこで、私が動作確認をし検証した結果をお伝えします!

また、その中で気づいた問題点もお伝えします。

要注意点(必ず見てください)

問題1.未暗号ROMのファイル名が[dump.拡張子]となる場合がある
⇒解決策1.一度、SDカードを取り出し、PCでファイル名を変更する

ゲームよってはどうしてもこのような事象が出てしまう。
ファイル名が自動的にユニークにならない、バグのような物です。

問題2.SDカードに未暗号ROMが表示されない場合
⇒解決策2.レトロフリークを再起動しSDカードの再読み込みで解決する

未暗号のROMの吸い出し自体は基本的には成功しているようです。
だけど、ROMができる前にSDカードの再読み込み(アンマウント・マウント)が早すぎることが原因の様子

問題3.Win32 Disk Imagerで書き込んだSDカードを初期化しても、容量が元に戻らない
⇒解決策3.以下の記事を作業して対応してください

原因として、SDカードないのパーティションの半分がなくなっていることが原因です。
一旦綺麗に初期化してからパーティションを再作成するば元通りになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました